学術論文

  • Yamagishi, A., Okada, M., Masuda, M., & Sato, N. (in press). Oxytocin administration modulates rats’ helping behavior depending on social context. Neuroscience Research.(査読有)
  • 岩城夢由菜・米山直樹 (2019). ダウン症児に対するスプーン使用の指導における視覚的手がかりとフェイディングの有効性 関西学院大学心理科学研究, 45, 1-8. (査読無)
  • 趙アルム・米山直樹 (2019). ダウン症児における同一見本合わせを用いた色概念の形成 関西学院大学心理科学研究, 45, 19-24. (査読無)
  • 名取咲希・荒岡茉弥・米山直樹 (2019). 自閉スペクトラム症児における大小弁別の獲得を目的とした大小のひらがなカードによるネーミングの効果 関西学院大学心理科学研究, 45, 25-30. (査読無)
  • 山岸厚仁・中島定彦・廣野翔太・三島美緑・木本琢海・記田浩明・鹿瀬大稀・松藤未宇・酒井太郎・賈擎宇・橋本侑希美・水江春美・大久保綾香・北野孝太・佐藤暢哉 (2019). ラットの条件性抑制における阻止効果の再現 関西学院大学心理科学研究, 45, 9-18. (査読無)
  • 小野塚愛・桂田恵美子 (2019). 大学生の愛着スタイルと被接触好悪感の関連性 関西学院大学心理科学研究, 45, 31-35. (査読無)
  • Shirai, R., Banno, H., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images induce oculomotor capture and inhibition. Attention, Perception, & Psychophysics, 81(2), 420–432. (査読有)
  • Shirai, R., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images gain preferential access to early visual processes. Consciousness and Cognition, 67, 56–68. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food aversion learning based on voluntary running in non-deprived rats: A technique for establishing aversive conditioning with minimized discomfort. Experimental Animals, 68, 71-79. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food avoidance learning based on voluntary wheel running in laboratory mice (Mus musculus). Behavioural Processes, 159, 31-36. (査読有)
  • 廣瀬眞理子 (2018). ひきこもり電話相談における家族ニーズの多元的分析:混合研究法によるアプローチ. コミュニティ心理学研究, 22, 25-41.
  • Arimitsu, K., Hitokoto, H., Kind, S., & Hofmann, S. G. (2018). Differences in compassion, well-being, and social anxiety between Japan and USA. Mindfulness, 1-9. (査読有)
  • 武藤麻美・桂田恵美子 (2018). 多様な家族形態の児童に対する社会的距離―個人の帰属複雑性と性役割態度との関連に焦点を当てて― 家族心理学研究, 32, 1-13. (査読有)
  • Kimura, K., Sawada, H., & Katayama, J. (2018). Outcome evaluations in group decision-making using authority rule: An electrophysiological study. Neuropsychologia, 119, 271-279. (査読有)
  • 小林正法・大竹恵子 (印刷中). 主観的幸福感と抑うつ傾向がノスタルジア状態の喚起に与える影響:音楽によるノスタルジア状態の喚起を用いて パーソナリティ研究 (査読有)
  • Nakajima, S. (2018). Running-based pica and taste avoidance in rats. Learning & Behavior, 46, 182–197. (査読有)
  • 遠座奈々子・中島定彦 (2018). 不安障害に対するエクスポージャー法と系統的脱感作法―基礎研究と臨床実践の交流再開に向けて― 基礎心理学研究, 36, 243-252. (査読無)
  • Nakajima, S. (2018). Effect of water temperature on swimming-based taste aversion learning in rats. Learning and Motivation, 63, 91-97. (査読有)
  • 中島定彦・安藤拓也・徳力洋介 (2018). 択一式筆記試験における正答の位置. 関西学院大学心理科学研究, 44, 9-15. (査読無)
  • Nakajima, S. (2018). Extinction of running-based taste aversion in rats (Rattus norvegicus). International Journal of Comparative Psychology, 31. (査読有)

カテゴリー

アーカイブ