2019年度戦略プロジェクト報告会 3/2

2019年度戦略プロジェクト報告会

日程:2020年3月2日(月)15時00分~17時00分
場所:関西学院大学上ヶ原キャンパス F号館203号教室

(1) はじめに

(2) 研究成果報告

道野栞(関西学院大学大学院文学研究科 応用心理科学研究センター リサーチアシスタント)
「同時弁別課題時における選択行動の出力過程の検討」

林朋広(関西学院大学大学院文学研究科 応用心理科学研究センター リサーチアシスタント)
「ラットの脳梁膨大後部皮質の機能の検討」

石井主税(関西学院大学大学院文学研究科 応用心理科学研究センター リサーチアシスタント)
「集団状況における行為結果の評価」

Orthey Robin(関西学院大学大学院文学研究科 応用心理科学研究センター 博士研究員)
「Are you really sorry you made a mistake? The role of Medial Frontal Negativity and Feedback Related Negativity in Neuropsychological Malingering.」

高橋良幸(関西学院大学大学院文学研究科 応用心理科学研究センター 博士研究員)
「ラットは課題達成にとって冗長な情報を取得するのか?」

 

RAとPDによる研究成果報告の後に、学外研究者のお二人にお話しいただきます。

小林正法先生(山形大学人文社会科学部 准教授)
「Aweは時間を拡張するのか?」

島井哲志先生(関西福祉科学大学心理科学部心理科学科 教授)
「ポジティブ・ボディイメージ研究:現状と今後の展望」

◯参加に際し,文学部・総合心理科学,文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は,お手数ですが、場所・時間変更などがあった場合の連絡のため道野栞(s.michino [at] kwansei.ac.jp)までご一報いただけると幸いです(必須ではありません)。多くの方のご参加をお待ちしています。