第39回CAPS研究会 1/9 菅野康太 先生 (鹿児島大学)

講演者:菅野康太 先生(鹿児島大学)

日 時: 2020年1月9日(木)15:10~16:40
場 所: 関西学院大学 F号館303教室

タイトル:マウスの超音波音声コミュニケーション

動物では広く音声コミュニケーションが観察され、個体間のさまざまな情報伝達に用いられている。実験モデルであるマウスでは、超音波の発声(ultrasonic vocalizations, USVs)が用いられており、特に母子間や雌雄間の文脈で顕著に観察される。成熟雄マウスは雌に対し超音波で求愛発声をすることが知られているが、2005年、マウス求愛発声に鳥類と類似した歌様構造があることが報告されて以来、マウス求愛発声はコミュニケーションの指標として、自閉症関連遺伝子改変マウスなどの様々なモデルで社会性や親和性、言語機能の研究に用いられるようになっている。

本研究会では、USVsの概説をするとともに、私の近年の研究結果から、これら音声コミュニケーションの生物学的意義について考察したい。さらに、質疑を通して動物心理学的なモデルとしての可能性などについても一緒に考えられれば幸いである。また、共同研究で開発し最近公開したUSVsの自動解析ステムなど、解析方法についても紹介したい。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、高橋(fjq61112[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。