CAPSシンポジウム 10/5 感情を考える―理論から応用まで―

CAPSシンポジウム:感情を考える―理論から応用まで―
日時:2019年10月5日(土)13:00-15:00
場所:関西学院大学上ケ原キャンパス F号館102号教室

企画者:片山順一・大竹恵子・佐藤暢哉

企画趣旨: 本シンポジウムでは、ネガティブ感情、ポジティブ感情を含めて感情が持つ様々な機能や役割に着目しながら生起メカニズムの解明をめざして、感情の理論から応用研究の可能性を探る。

話題提供者(シンポジスト)1

大平 英樹 先生(名古屋大学大学院情報学研究科)

「内受容感覚の予測的符号化による感情と意思決定の創発」

脳の統一原理として優勢になりつつある予測的符号化(predictive coding)あるいは自由エネルギー原理(free energy principle)の理論では、全ての知覚は脳の生成モデルから出力される予測と感覚信号の差分、つまり予測誤差(prediction error)を最小化することにより創発されると考えられる。近年、この理論は身体内部の知覚である内受容感覚(interoception)にも適用されることにより、感情の創発にまで説明の射程を広げている。さらに、内受容感覚における予測誤差の縮小が、報酬に関する信号を形成するとも考えられている。ここに至り、脳、身体、感情、学習、意思決定を統一的に説明する視点が立ち上がる。ここでは、こうした理論を紹介し、脳・身体・行動を同時に計測する実験から得られた実証的知見を基に、その妥当性を考える。

 

話題提供者(シンポジスト)2

岡村 尚昌 先生(久留米大学高次脳疾患研究所)

「ポジティブな心理状態がストレスや心身の健康に与える影響」

近年,心身の健康やQOLに対するポジティブ感情の適応的役割が注目されており,well-beingや主観的幸福感などが高いポジティブな心理状態である個人ほど,精神的健康度およびQOLが高いことが明らかにされている。さらに筆者らは,ポジティブな心理的状態がメンタルストレス・テストに対する心理的・生理的反応を減弱し,基礎値への回復を促進することや,Well-Beingが高い人ほど寝入りまでの時間が短く,効率的に睡眠が取れ,メンタルヘルスが良好であることを報告してきた。そこで本シンポジウムでは,ポジィティブな心理状態とメンタルヘルスとの関係性について,健康-病気の結果を左右する重要な媒介要因と目される睡眠との関係も含めて,唾液中バイオマーカーなどを用いた筆者らの最近の取り組みを紹介する。

 

話題提供者(シンポジスト)3

筒井 健一郎 先生(東北大学大学院生命科学研究科)

「経頭蓋磁気刺激を用いた前頭連合野皮質の認知情動機能の解明」

前頭連合野は、大脳皮質において非常に大きな領域を占めていて、絶えず、感覚・記憶関連領域から情報を収集して分析するとともに、運動関連領域に対して指令を出して行動を制御しており、「脳の司令塔」といわれてきた。その一方で、前頭連合野内の領域構造や、領域間のマクロ的な神経ネットワークの動態について、未だに不明な点が多く、また、うつ病、統合失調症、自閉症など、主要な精神疾患や発達障害はいずれも前頭連合野の機能不全との関係が疑われているが、それらの病態については解明の途上である。講演者は最近、大脳皮質機能を調べるための新たな方法として、経頭蓋磁気刺激(TMS)に着目し、世界に先駆けて霊長類を用いた神経行動学的実験に導入した。TMSを用いて前頭連合野内の局所神経活動への介入を行い、行動への影響を調べる実験を広く展開し、前頭連合野の認知情動機能の動態について、様々な新しい知見を得るに至った。この講演では、それらの成果について概観するとともに、今後の研究の方向性について展望したい。

 

指定討論者

福島 宏器 先生(関西大学社会学部)

 

◯参加に際し,文学部・総合心理科学,文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は,お手数ですが、場所・時間変更などがあった場合の連絡のため高橋良幸(fjq61112 [at] kwansei.ac.jp)までご一報いただけると幸いです(必須ではありません)。
共催:日本感情心理学会 第14回(2019年度)セミナー