第35回CAPS研究会 7/18 小澤 貴明先生(筑波大学)

講演者:小澤 貴明先生(筑波大学)

日 時: 2019年7月18日(木) 16:50~18:20
場 所:    関西学院大学 F号館306教室

タイトル:光神経操作技術が明らかにする恐怖学習の脳内制御メカニズム

要旨:恐怖に代表される嫌悪的な情動体験は恐怖記憶の形成を引き起こす。この恐怖記憶は,起こり得る危険への対処など,我々の適応行動において重要である。一方で,強すぎる恐怖記憶はストレスと関連した精神疾患の原因にもなり,結果として行動的不適応を引き起こしてしまう。このことから,「嫌悪体験の強さに対応した適切な恐怖学習」は個体の健康と生存に必須の能力であると考えられるが,その神経基盤は不明であった。本講演では,①電気生理学による神経活動記録,②光遺伝学による神経活動操作,③学習理論を融合することで近年明らかになった,恐怖学習の制御メカニズムについて紹介する。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、林(t.hayashi[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。