第34回CAPS研究会 6/20 堀田崇 先生(京都大学)

講演者:堀田 崇先生(京都大学)

日 時: 2019年6月20日(木) 16:50~18:20
場 所: 関西学院大学 F号館104教室

タイトル:鏡像自己認知に関する再考:シクリッドは鏡像を何と認識しているのか?

要旨:「動物は鏡像をどのように認知しているのか?」という問いはこれまで多くの研究者を惹きつけてきた。マークテストは「鏡像を自分と認識しているのか?(鏡像自己認知)」ということを明らかにするために有効であり、類人猿をはじめ様々な分類群でおこなわれてきた。しかし、その結果の解釈については多くの意見がある。マークテストにクリアしているのは類人猿のみであり、自己鏡像認知は自己意識や心の理論とも関係しているとする研究者もいれば、他の動物もマークテストにクリアしており、そのような高次な認知機能の証拠ではないとする研究者もいる。
マークテストが多様な分類群でおこなわれるようになった一方で、「クリアしなかった」という結果の解釈についてはほとんど考えられてこなかった。しかし系統比較するうえで重要なことは、「鏡像をどのように認知しているのか」を明らかにすることである。今回はシクリッドを対象にしておこなった実験について、これまで明らかとなったことについて紹介しようと思う。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、道野(s.michino[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。