CAPSシンポジウム 3/1 社会性と探索行動

CAPSシンポジウム:社会性と探索行動

(以下敬称略)
日時:2019年3月1日(金)15:30-17:30
場所:関西学院大学上ケ原キャンパス G号館3階301号教室

企画者:高橋良幸(関西学院大学応用心理科学研究センター博士研究員)
    佐藤暢哉(関西学院大学文学部教授)

企画意図:
生物は外的環境から情報を収集するために周囲を探索する。特に野生下では、捕食者の存在を探索・検知することは個体の生存にとって重要であるし、つがいとなる同種他個体を見つけ出すことは種の維持において重要である。動物は探索行動によって、空間情報だけではなくその空間に存在する様々な情報を符号化していると考えられる。しかしながら、探索行動によって得られた情報がどのように、どのような形で処理されているのかについては未解明な部分が多く残されている。
今回のシンポジウムでは、特にラットやマウスといった齧歯類によって得られた知見をご紹介いただき、動物が探索行動によって得た情報をどのように処理しているのかについて学際的な議論を行う。心理学の枠組みを超えた領域からシンポジストをお招きし、探索行動とは何かという大きな問題について意見を交換することにより、これからの研究の学際的な方向性を示すことが期待される。

話題提供者(シンポジスト)1:
関西学院大学 博士研究員 高橋良幸
「視覚刺激誘発性探索行動における神経活動」

話題提供者(シンポジスト)2:
自治医科大学 ポストドクター 岡部祥太
「異種間の親和的な関係性はどのように構築されるのか?―ヒトとラットの場合―」

話題提供者(シンポジスト)3:
大阪市立大学 講師 北西卓磨
「海馬の空間情報を生成・伝達する神経回路メカニズム」

話題提供者(シンポジスト)4:
理化学研究所 研究員 檀上輝子
「海馬における自己の場所と他者の場所の表象」

司会者:高橋良幸

◯参加に際し,文学部・総合心理科学,文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は,お手数ですが、場所・時間変更などがあった場合の連絡のため高橋良幸(fjq61112 [at] kwansei.ac.jp)までご一報いただけると幸いです(必須ではありません)。