第33回CAPS研究会 1/30 後藤和宏 先生(相模女子大学)

講演者:後藤 和宏 先生(相模女子大学)

日 時: 2019年1月30日(水) 15:00~16:30(延長する可能性があります)
場 所: 関西学院大学 ハミル館ホール

タイトル: 比較認知:心理学と生物学が出会うところ

要旨:動物の認知研究のルーツは、経験による行動変容に重きをおく比較心理学と、生得的な行動の種間多様性に重きをおく動物行動学である。現在では、Animal Cognitionという学術雑誌もあるように、学際的研究が活発な分野であり、動物からヒトまで、分子から行動、そして生態までを生物学の言葉で統一的に捉えることの重要性が認識されるようになってきた。この講演では、心理学の学位を取得した後、生物学の訓練を受けてきた私が、その経験を振り返りつつ、これまでに取り組んできた鳥類、霊長類、げっ歯類を対象とした研究のうち、ゲシュタルト知覚に関する研究、および視覚探索に関する研究を紹介し、今後の研究の方向性について論じたい。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、高橋(fjq61112[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。