第30回CAPS研究会 10/30 木村 元洋 先生(産業技術総合研究所)

講演者: 木村 元洋 先生 (産業技術総合研究所・主任研究員)

日 時: 2018年10月30日(火) 16:50~18:20
場 所: 関西学院大学上ケ原キャンパス F号館306号教室

タイトル:
生理計測を用いた自動車ドライバーの心的状態評価

要旨:
実作業場面における作業者の心的状態を評価することは、人間に適合した製品やサービスを開発する上でとても重要です。これまで、発表者が所属する産業技術総合研究所・自動車ヒューマンファクター研究センターでは、運転中のドライバーの心的状態を客観的かつ多面的に評価することを目的として、主観指標(質問紙やアンケート)や行動指標(視認行動や運転行動)に加え、生理指標(脳波や眼電図)を組み合わせた評価技術の開発を進めてきました。

生理指標の中で、私たちが特に力を入れて取り組んできたのが、脳波を加算平均して得られる事象関連電位の活用です。特に、運転中のドライバーに運転とは関係のない音を呈示し、音のオンセットを基準時点として聴覚誘発電位を計測する方法(課題非関連プローブ法)や、運転中のドライバーのサッケード眼球運動の終了時点を基準時点として視覚誘発電位(眼球停留関連電位)を計測する方法は、ドライバーの注意状態を評価する上で非常に有効であることがわかってきました。

本発表では、ドライビングシミュレータやテストコースでの実験を通して進めてきた評価技術開発の経緯や、これらの評価技術を用いた民間企業(主に自動車メーカー)との共同研究の事例を紹介します。その中で、作業者の心的状態評価における生理計測の意義(主観指標や行動指標に加え、生理指標を計測する意義はどこにあるのか)や、民間企業と共同研究を進める上で私たちが大切にしていること(どうしたら研究者は民間企業とうまくつきあっていけそうか)、について議論したいと考えています。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、真田(msanada[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。