第31回CAPS研究会 11/15 中村加枝 先生(関西医科大学)

講演者: 中村加枝 (関西医科大学・教授)
日 時: 2018年11月15日(木) 15:10~16:40
場 所: 関西学院大学上ケ原キャンパス F号館102号教室

タイトル:背側縫線核細胞による報酬と嫌悪情報の表現とその機能の探求

要旨:
セロトニンは、ドパミンと並んで我々の精神機能を支えている重要な神経伝達物質です。実際、うつ病や抗不安薬を中心とした精神神経疾患の治療薬の多くがセロトニンに関連した作用を持っています。しかし、その具体的な作用機序については驚くほどわかっていないのが現状です。そもそも、セロトニンが報酬情報と嫌悪情報処理どちらに関与するのかさえ未解明でした。
行動課題を行っている動物の脳から個々の神経細胞の発火パターンを記録する単一神経細胞外記録は、技術的には多少訓練が必要ですが、豊富な情報を提供してくれます。実際、同じモノアミン系の神経伝達物質であるドパミンに関しては、サルにおける単一神経細胞外記録によって、中脳ドパミン細胞が、報酬や、報酬を予告する感覚刺激に短期間(phasic)の反応をし、その反応の強さは予測していた報酬と実際得た報酬の差(報酬予測誤差)に相当することが示されました。この発見はその後の報酬情報処理・学習理論に大きな影響を与えました。そこで我々は、報酬獲得行動および古典的条件付け課題を行っているマカクサルにおいて、セロトニン細胞が多く分布する背側縫線核(Dorsal raphe nucleus, DRN)の単一神経細胞の発火を記録しました。その結果、ドパミン細胞とは大きく異なる特徴的な報酬と嫌悪情報処理機構が明らかになりました。その詳細を紹介するとともに、現在進行中のさらなる展開も報告したいと思います。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、道野(s.michino[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。