第27回CAPS研究会 6/14 守谷順先生(関西大学)


講演者: 守谷順先生(関西大学社会学部・准教授)
日 時: 2018年6月14日(木) 16:50~18:20
場 所: 関西学院大学上ケ原キャンパス F号館305号教室

タイトル:心的イメージの効果と可視化―顔印象,注意,不安との関連

要旨:
私たちの多くは,外からの刺激がなくとも頭の中であるイメージを作り上げることができます。例えば,みずみずしいオレンジを輪切りにしたところを想像してください。実際に見たときのリアリティはなくとも,色や形をイメージすることができるかと思います。では,視覚的なイメージについて,①可視化することは可能でしょうか?②イメージは他の認知機能にどのような影響を与えているでしょうか?③視覚的イメージの個人差はあるのでしょうか?
本研究会では,以上3点について簡単にお話しする予定です。①では,Dotsch & Todorov (2012)が発表した逆相関法を用いた顔イメージの可視化を利用し,ある集団に対する顔イメージの可視化実験の結果について報告します。②では,視覚的イメージが注意に与える影響について,視覚探索実験の結果を報告します。③では,個人差の1つとして不安に焦点をあてて,イメージ能力・内容との関連について報告できればと考えています。以上の研究を統合して,今後のイメージ個人差研究について議論できればと思います。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、教室変更時などのお知らせのため、小林(mkobayashi[at]kwansei.ac.jp)まで、ご一報いただきますと幸いです(必須ではありません)。