第25回CAPS研究会 2/22 松田いづみ先生(科学警察研究所)

日時:2月22日(木) 15:00~16:30(延長する場合があります)
会場:関西学院大学上ケ原キャンパス F号館304号教室
講演者:松田いづみ(科学警察研究所)
タイトル:隠すことの心理生理学

要旨:
   ウソを見破ろうとする試みは,古くから行われてきました。ウソをついているかもしれない人の言葉は当てになりません。そのため,生理や行動の側面が注目され,その歴史は紀元前にさかのぼります。生理指標から心を探る心理生理学の発端は,ウソ発見にあるのかもしれません。しかし,この長い歴史にもかかわらず,心理学的に妥当で精度の高いウソ発見法は,いまだ見つかっていません。
   そこで,日本の警察では,「ウソではなく,事件事実を知っているかを調べる」と発想を切りかえて検査を行っています。これは隠匿情報検査とよばれ,被疑者が知っていることを隠している可能性があるときに,本人の同意のもと実施します。そして,自律神経系指標から,被疑者が事件事実を知っているかどうかを推定します。
隠匿情報検査は捜査で広く使われていますが,心理生理学的な研究にも利用できます。研究場面では,自律神経系指標のほかに,中枢神経系指標も測定します。これらの生理指標は,知っていることを隠しているときの心の動きを,刻々とうつしだします。隠すときの心理プロセスは,言葉や行動からは研究しにくいですが,生理反応を読み解くことで明らかにできるかもしれません。本発表では,隠匿情報検査における中枢・自律神経系反応から,「隠すときの心」の一端を探る試みを紹介します。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
   それ以外の方は、お手数ですが伏田(k.fuseda@kwansei.ac.jp)までご連絡を下さい。