CAPSワークショップ 1/27  Rを用いた画像データの分析

日時:2018年1月27日(土)14:00-17:00(延長する可能性があります)
場所:関西学院大学上ヶ原キャンパス ハミル館ホール
話題提供者:津田 裕之さん(京都大学 大学院人間・環境学研究科 博士課程)
タイトル:Rを用いた画像データの分析

企画概要:
 画像処理は心理学の研究者にはあまり聞きなれない分野かもしれませんが、近年多くの心理学研究において画像処理の技術は広く用いられており、その用途は実験刺激の作成・実験データの分析・認知モデリングなど多岐に渡ります。例えば写真が持つムードは画像内の色や輝度の分布によって大きく変化するので、これを操作することでいい感じに映える写真に変換することができます(Instagramのフィルターなど)。画像に含まれる情報を周波数成分で分解することで、顔や風景などの視覚認知のメカニズムを検討することができます。また、質感の知覚に画像統計量が関係することが知られています。
 本チュートリアルでは、画像処理の未経験者を対象に、画像処理の基本知識とRによるプログラミング方法について説明します。扱うトピックとしては画像統計量・周波数解析・画像輝度の統制・空間フィルタリングなどを予定しています。パソコンを持参してその場でプログラムを動かしてもらうと理解が深まると思います。その場合はRとRStudio、及びimager (https://dahtah.github.io/imager/) というRのパッケージを事前にインストールしておいて下さい。plot(boats)とコンソールに打ってボートの画像が表示されればパッケージのインストールは成功しています。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、休日ということもありますので、お手数ですが道野(s.michino[at]kwansei.ac.jp)までご一報いただきますようお願いいたします。