第24回CAPS研究会 2/12 和田真先生(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)

日時:2月12日(月) 10:00〜11:30(延長する場合があります)
会場:ハミル館ホール
講演者:和田真先生(国立障害者リハビリテーションセンター研究所 脳機能系障害研究部 発達障害研究室)
タイトル:感覚間情報処理からみた自閉スペクトラム症の特徴

要旨:
自閉スペクトラム症の方でみられる様々な障害特性の背景には、特有の感覚情報処理特性の関与が示唆される。我々は、障害当事者がもつ「生きにくさ」の「見える化」を目指して、ヒトとマウスを対象に、ミクロからマクロを俯瞰ながら、視覚・触覚の相互作用や身体イメージの特徴を明らかにしてきた。ヒトを対象とした研究からは、時間順序判断や皮膚ラビット錯覚、そしてラバーハンド錯覚といった実験により、自閉傾向の高い実験参加者では、視覚と触覚に比べて、触覚と自己受容感覚(固有感覚)が結びつきやすいことが明らかになった。一方、マウスでもラバーハンド錯覚のような自己身体表象の錯覚が生じることを発見し、自閉症のモデルマウス(CAPS2 KO)では、この現象が生じにくいことが判明した。ヒトを対象とした研究からは、これらの現象が運動の苦手と関連している可能性が示唆された一方で、マウスを用いた研究からは、多感覚領域である後部頭頂皮質が関与する可能性が示唆された。本講演では、これらの研究を紹介するとともに、知覚特性にもとづいた障害の「見える化」の可能性について論じていきたい。

◯参加に際し、文学部・総合心理科学、文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は、祝日ということもありますので、お手数ですが植田(mizu.ueda[at]kwansei.ac.jp)までご一報いただきますようお願いいたします。