CAPS講演会 3/6 山崎勝之先生(鳴門教育大学大学院)

 

日時:3月6日(火) 15:30~17:00(延長する場合があります)
会場:関西学院大学上ケ原キャンパス (F号館 102教室)
講演者:山崎勝之先生(鳴門教育大学大学院・教授)

タイトル:心理学者の「しあわせ」とは?― 往還する基礎と応用の研究軌跡 ―

要旨:「心理学者のしあわせって、なに?」 ― 答えは、人それぞれ、に決まっている。そう一笑したいのだが、どこか落ちつかない。それでは、私はどうなのか?なぜ、研究をおもしろいと感じるのか、また、おもしろいと感じる自分は何なのか。おもしろいと感じる研究に行き着くには、考えて考え抜く苦悶のプロセスがある。苦悶の末の研究は、どれも独創性が際立つ。健康や適応を守るパーソナリティの基礎研究、非意識と意識の連動を基盤とする予防教育の介入研究、ポジティブ感情の諸側面と短期予測的研究の因果推定、そして、世に常識と言われるセルフ・エスティームの概念と測定法の刷新。どれもが手に汗握る目下の研究だ。それで私は、しあわせなのか?専門領域と興味が違う皆さんに決めていただく講演になるのだろうか。

◯参加に際し,文学部・総合心理科学,文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は,お手数ですが、場所・時間変更などがあった場合の連絡のため小國(oguni[at]kwansei.ac.jp)まで
ご一報いただけると幸いです(必須ではありません)。