第2回CAPS統計ワークショップ 12/16 紀ノ定保礼先生(静岡理工科大学)

企画者: 小林正法(関西学院大学 応用心理科学研究センター 博士研究員)
話題提供者: 紀ノ定保礼先生(静岡理工科大学 講師)
日 時: 2017年12月16日(土) 14:00~17:00
場 所: 関西学院大学上ケ原キャンパス F号館F201

タイトル:Rによるデータの可視化

企画概要:

データの可視化とグラフ作成は研究発表だけでなく,研究結果の解釈においても重要です。そこで,第2回目となるCAPS統計WSでは, Rを用いたデータの可視化とグラフ作成を取り上げます。紀ノ定保礼先生(静岡理工科大学)を講師としてお招きし,Rを用いたデータの可視化とグラフ作成の方法について,ggplot2などの最新のパッケージを用いてご説明いただきます。本WSでは,実際にRを動かしながら学ぶ形式を採用することで,即戦力となるテクニックを身につけていただけることを期待しています。

(文責:小林正法)

◯ご参加いただける方は,事前の配付資料などをお送りするため,以下の登録フォームからご登録をお願いいたします。

参加登録フォームはこちら

不明な点などは<小林>(kobayashi[at]cogn.jp)までご連絡ください。