第22回CAPS研究会 11/6 森口佑介先生(京都大学大学院教育学研究科)

日時:11月6日(月) 15:10〜16:40(延長する場合があります)
会場:F304
講演者:森口佑介先生(京都大学大学院教育学研究科・准教授)

タイトル:がまんの発達科学

要旨:OECDなどの国際機関や,アメリカやイギリス,ニュージーランドなどの大規模プロジェクトにおいて,子どもの自己制御,実行機能,セルフコントロール能力などと呼ばれるもの(以下,セルフコントロール能力)が注目されている。具体的には,子ども期のセルフコントロール能力が,後の学力や学校適応,大人になってからの年収や社会的地位,肥満などの健康状態,犯罪の程度などを予測することが明らかになってきた。しかしながら,子ども期のセルフコントロール能力とその個人差を生み出す発達機序,とりわけ,生物学的基盤は未だに明らかではない。本講演では,課題切り替えなどの認知的側面や満足の遅延などの衝動的な側面に焦点をあて,セルフコントロール能力の発達,脳内機構,およびその支援方法について議論したい。

◯参加に際し,文学部・総合心理科学,文学研究科・総合心理科学専攻の方の事前連絡は必要ありません。
それ以外の方は,お手数ですが、場所・時間変更などがあった場合の連絡のため<小國>(oguni[at]kwansei.ac.jp)までご一報いただけると幸いです(必須ではありません)。