2019年

  • Yamagishi, A., Okada, M., Masuda, M., & Sato, N. (in press). Oxytocin administration modulates rats’ helping behavior depending on social context. Neuroscience Research.(査読有)
  • 米山直樹・廣瀬眞理子・岩城夢由菜(2019). 平成30年度神戸市青年期発達障害支援事業支援者支援研修プログラム事業 相談員研修会②
  • 廣瀬眞理子 (2019). 平成30年度神戸市青年期発達障害支援事業支援者支援研修プログラム事業 巡回訪問支援(4窓口)
  • 大竹恵子 (2019). フォーラム 「学習と食と感情と」 日本基礎心理学会2018年度第2回フォーラム(西宮市大学交流センター ).
  • 中島定彦 (2018). ラットは腹具合が悪いと土を喰うか―乳糖不耐症の場合― 日本基礎心理学会第32回大会.
  • 道野栞・佐藤暢哉 (2018). 物体位置に関する視覚・言語情報の呈示が空間的視点取得に及ぼす影響 日本基礎心理学会第37回大会.
  • 中島定彦 (2019). ネズミの悪心を土喰いで測る 日本基礎心理学会2018年度第2回フォーラム(西宮市大学交流センター)講演
  • 長谷川依保・中島定彦(2019). その動物はなぜ恐い―大学生を対象とする質問紙調査― ヒトと動物の関係学会第25回学術大会.
  • Katayama, N., Sanada, M., & Katayama, J. (2019). Enhanced empathic state caused by reading fiction promotes detection of and attention to task-irrelevant facial expressions. The 26th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society.
  • Fuseda, K. & Katayama, J. (2019). A new technique for evaluating interesting dynamic stimuli using eye-fixation related brain potential. The 26th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society.
  • Katsurada, E., & Yoshioka, E. (2019). Psychological effects of coming out on homosexual or bisexual individuals in Japan: quantitative and qualitative results. 2019 SRCD Biennial Meeting.
  • 岩城夢由菜・米山直樹 (2019). ダウン症児に対するスプーン使用の指導における視覚的手がかりとフェイディングの有効性 関西学院大学心理科学研究, 45, 1-8. (査読無)
  • 趙アルム・米山直樹 (2019). ダウン症児における同一見本合わせを用いた色概念の形成 関西学院大学心理科学研究, 45, 19-24. (査読無)
  • 名取咲希・荒岡茉弥・米山直樹 (2019). 自閉スペクトラム症児における大小弁別の獲得を目的とした大小のひらがなカードによるネーミングの効果 関西学院大学心理科学研究, 45, 25-30. (査読無)
  • 山岸厚仁・中島定彦・廣野翔太・三島美緑・木本琢海・記田浩明・鹿瀬大稀・松藤未宇・酒井太郎・賈擎宇・橋本侑希美・水江春美・大久保綾香・北野孝太・佐藤暢哉 (2019). ラットの条件性抑制における阻止効果の再現 関西学院大学心理科学研究, 45, 9-18. (査読無)
  • 小野塚愛・桂田恵美子 (2019). 大学生の愛着スタイルと被接触好悪感の関連性 関西学院大学心理科学研究, 45, 31-35. (査読無)
  • Shirai, R., Banno, H., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images induce oculomotor capture and inhibition. Attention, Perception, & Psychophysics, 81(2), 420–432. (査読有)
  • Shirai, R., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images gain preferential access to early visual processes. Consciousness and Cognition, 67, 56–68. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food aversion learning based on voluntary running in non-deprived rats: A technique for establishing aversive conditioning with minimized discomfort. Experimental Animals, 68, 71-79. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food avoidance learning based on voluntary wheel running in laboratory mice (Mus musculus). Behavioural Processes, 159, 31-36. (査読有)

カテゴリー

アーカイブ