2018年

  • Inoue, K., Otake, K., & Sato, N. (in press). Satiety change elicited by repeated exposure to the visual appearance of food: Importance of attention and simulating eating action. Journal of Health Psychology Research.
  • Inoue, K., Yagi, Y., & Sato, N. (2018). The mere exposure effect for visual image. Memory & Cognition, 46, 181–190.
  • Ono,H., Yamamoto, K.,Taketani, R., Tsujimoto, E. (2017). Use of interpersonal counseling for modern type depression. A Case Report in Psychiatry, Article ID 9491348, 5 pages
  • 道野栞 (2017). 研究奨励賞 関西心理学会第129回大会 (受賞発表:道野栞・佐藤暢哉 (2016). 180度ルールに従うカメラ移動が空間記憶の正確性に与える影響 関西心理学会第128回大会).
  • 小國龍治 (2017). 日本健康心理学会アーリーキャリアヘルスサイコロジスト賞 (受賞発表:Oguni, R., & Otake, K. (2017). Relation among character strengths, positive empathy, and subjective happiness. 31st Conference of the European Health Psychology Society).
  • 廣瀬眞理子・金喬 (2017). 平成29年神戸市青年期発達障害支援事業・支援者支援プログラム事業発達相談窓口巡回相談支援.
  • 廣瀬眞理子・杉原聡子・荒岡茉弥・渡邊 佳奈 (2017). 平成29年度神戸市青年期発達障害支援事業平成25年・平成26年・平成27年・平成28年度修了者フォローアッププログラム.
  • 廣瀬眞理子・金喬・荒岡茉弥・渡邊 佳奈 (2017). 平成29年度神戸市青年期発達障害支援事業 「家族のためのコミュニケーションスキルアップトレーニングプログラム」後期 ①~④.
  • 廣瀬眞理子 (2017). 混合研究法で複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach:TEA)を活用する 国際混合研究法学会アジア地域会議/第3回日本混合研究法学会年次大会MMIRA Asia Regional Conference 20171st JSMMR Conference 2017) プレカンファレンスワークショップA1.
  • 小國龍治 (2017). 2017年度日本パーソナリティ心理学会ヤングサイコロジストプログラム (YPP2017) 企画 日本パーソナリティ心理学会第26回大会.
  • 大竹恵子 (2017). ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 大阪 大阪:ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会.
  • 西村友佳 (2017). 他者の魅力度は潜在的道徳態度に影響するか 関西若手実験心理学研究会第81回研究会.
  • 佐藤暢哉 (2017). 日本視能訓練士協会基礎教育プログラムII講師.
  • 有光興記 (2018). 堺市主催 第22回さかい男女共同参画週間ワークショップ マインドフルネス.
  • Sanada, M., Kobayashi, M., Otake., K., & Katayama, J. (2017). Frontal alpha power asymmetry shows different temporal pattern between negative and positieve emotions. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.
  • Sugimoto, F., Kimura, M., Takeda, Y., & Katayama, J. (2017). Involvement of temporal attention in task-difficulty effect on P3a. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.
  • Yamagata, T., Katayama, J., & Murata, A. (2017). Emotionally supportive messages reduced attention to social exclusion cues: An event-related brain potential (ERP) study. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.
  • Fuseda, K., & Katayama, J. (2017). You cannot ignore a person with high physical attractiveness. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.
  • Kimura, T., & Katayama, J. (2017). The contingency between self-action and intervening events generates the expectation of subsequent result. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.
  • Naka, S., & Katayama, J. (2017). The effect of task difficulty and response type for duration discrimination on distraction. 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research.

カテゴリー

アーカイブ