2017年

  • 三宅晋司 (監修) (2017). 商品開発・評価のための生理計測とデータ解析ノウハウ 東京:(株)エヌ・ティー・エス(分担執筆による片山順一の単独担当部分が第1章, 第1節)
  • 片山順一・鈴木直人 (編) (2017). 生理心理学と精神生理学 北大路書房 (分担執筆による佐藤暢哉の単独担当部分が第3章,第4章).
  • 大竹恵子 (編) (2017). なるほど!心理学調査法 三浦麻子 (監修) 心理学ベーシック第3巻 北大路書房 (分担執筆による箕浦有希久の単独担当部分が第8章,第9章,第14章,Column 8,Column 12,他の分担執筆者との共同担当部分が第4章-第7章).
  • Katsurada, E., Akazawa, J., & Tanimukai, M. (2017). Attachment patterns and the quality of interactions between children and care-workers in Japanese institutions. 2017 SRCD Biennial Meeting.
  • Ueda, M., & Katsurada, E. (2017). The development of “positive empathy” early in life. 2017 SRCD Biennial Meeting.
  • 沼田恵太郎・堀麻佑子・中川威・増井幸恵・権藤恭之・Jopp Daniela (2017). ポジティヴィティ効果の個人差ー健康長寿研究(SONIC)の結果からー 日本感情心理学会第25回大会.
  • Katsurada, E., Tanimukai, M., Akazawa, J. (2017). A study of associations among attachment patterns, maltreatment, and behavior problem in institutionalized children in Japan, Child Abuse & Neglect, 70, 274-282.(査読有)
  • 廣瀬眞理子 (2017). MMIRA Asia Regional Conference 2017第3回日本混合研究法学会年次大会 ワークショップA1「混合研究法で複線径路等至性アプローチ(Trajectory Equifinality Approach:TEA)を活用する」講師
  • 廣瀬眞理子・金喬 (2017). 平成29年度神戸市青年期発達障害支援事業 「家族のためのコミュニケーションスキルアップトレーニングプログラム」前期 ①~④
  • 米山直樹・廣瀬眞理子・金喬 (2017). 平成28年度神戸市青年期発達障害支援事業支援者支援研修プログラム事業 相談員研修会.「応用行動分析による 行動の見方・支援の考え方」
  • 山本亞実・辻本江美・竹谷怜子・辻井農亜・白川治・小野久江 (2017). ストレス因子を考慮した大学生の抑うつ状態に対する対人関係カウンセリングの効果 第14回日本うつ病学会総会.
  • 辻本江美・山本亞実・竹谷怜子・辻井農亜・白川治・小野久江 (2017). 対人関係カウンセリングが回避的なストレス対処方法を減少させ気分改善に繋がった学生相談の一事例 第14回日本うつ病学会総会.
  • Yamamoto, A., Taketani, R., Tsujimoto, E., Tsujii, N., Shirawaka, O., & Ono, H. (2017). Effect of Interpersonal Counseling on Subthreshold Depression in Undergraduates – A Preliminary Study Considering Distress Type –. ISIPT : 7th Conference of the International Society of Interpersonal Psychotherapy.
  • 高山博司・小川洋和 (2017). 個人特性が情動プライミングによる不正行為の誘発に与える影響 日本認知心理学会第15 回大会.
  • 箕浦有希久・成田健一 (2017). 状態2項目自尊感情尺度の再検査信頼性の検討 日本感情心理学会第25回大会.
  • 小林正法・大竹恵子 (2017). 写真撮影が導く感情記憶の忘却 第15回日本認知心理学会大会.
  • Shirai, R., & Ogawa, H. (2017). The effect of trypophobic images on conscious awareness during continuous flash suppression. The 2017 VSS Annual Meeting.
  • Ogai, T., & Nakajima, S. (2017). Comparison of three extinction procedures for extinction of avoidance behavior in rats. The 43rd Annual Convention of the Association for Behavior Analysis.
  • 仲早苗・片山順一 (2017). 呈示時間弁別の反応方法と課題難度が妨害効果に及ぼす影響 第35回日本生理心理学会大会.
  • 伏田幸平・片山順一 (2017). 身体的魅力が惹きつける注意は刺激の物理特性の影響ではない 第35回日本生理心理学会大会.

カテゴリー

アーカイブ