研究成果

2019年

学術論文一覧

  • 島井 哲志・有光 興記・マイケル・F スティーガー (2019). 日本人成人の発達段階による人生の意味の変化――得点レベルと関連要因の検討―― Journal of Health Psychology Research, 32, 1-11. (査読有)
  • 伏田幸平・松原彩乃・片山順一 (印刷中). 感情状態は文判断課題時のN400およびP600振幅に影響する:感情誘導法に着目した検討 生理心理学と精神生理学, 35. (査読有)
  • 石井主税・片山順一 (2019). 結果事象を評価する脳内システム:社会的研究からの展望 人文論究 (関西学院大学文学部), 68, 1-25. (査読無)
  • 金喬・米山直樹 (2019). 中国における発達障害のある子どもを持つ保護者に対するペアレントトレーニングの現状と課題 ――日本との比較を通じて―― 人文論究 (関西学院大学文学部), 69, 91-110. (査読無)
  • 松原耕平・新屋桃子・佐藤 寛・高橋高人・佐藤正二 (2019). 幼児期の社会的スキルと問題行動が児童期の社会的スキルと抑うつに及ぼす影響 認知行動療法研究, 45, 39-50. (査読有)
  • 植田瑞穂・桂田恵美子 (2019). 共感の発達に関する研究の概観と展望 : 正の共感を含めた理論の必要性 人文論究 (関西学院大学文学部), 69, 71-90. (査読無)
  • Creswellm, J. W., & Hirose, M. (2019).  Mixed methods and survey research in family medicine and community health. Fam Med Com Health, 7, 1-6.  https://doi:10.1136/fmch-2018-000086. (査読有)
  • Katsurada, E. (2019). A pilot study on the effect of massage on stress among female Japanese university students. Women’s Health, Open Journal, 5, 1-5. (査読有)
  • 真田原行・小林正法・大竹恵子・片山順一 (2019). 感情喚起下における生理状態の時系列相互相関―前頭脳波αパワ ――左右差と心拍数を指標として―― 感情心理学研究, 26, 62-70. (査読有)
  • Hayashi, T., Oguro, M., & Sato, N. (in press). Involvement of the retrosplenial cortex in the processing of the temporal aspect of episodic-like memory in rats. Neuroscience Research. (査読有)
  • Yamagishi, A., Okada, M., Masuda, M., & Sato, N. (in press). Oxytocin administration modulates rats’ helping behavior depending on social context. Neuroscience Research.(査読有)
  • 岩城夢由菜・米山直樹 (2019). ダウン症児に対するスプーン使用の指導における視覚的手がかりとフェイディングの有効性 関西学院大学心理科学研究, 45, 1-8. (査読無)
  • 趙アルム・米山直樹 (2019). ダウン症児における同一見本合わせを用いた色概念の形成 関西学院大学心理科学研究, 45, 19-24. (査読無)
  • 名取咲希・荒岡茉弥・米山直樹 (2019). 自閉スペクトラム症児における大小弁別の獲得を目的とした大小のひらがなカードによるネーミングの効果 関西学院大学心理科学研究, 45, 25-30. (査読無)
  • 山岸厚仁・中島定彦・廣野翔太・三島美緑・木本琢海・記田浩明・鹿瀬大稀・松藤未宇・酒井太郎・賈擎宇・橋本侑希美・水江春美・大久保綾香・北野孝太・佐藤暢哉 (2019). ラットの条件性抑制における阻止効果の再現 関西学院大学心理科学研究, 45, 9-18. (査読無)
  • 小野塚愛・桂田恵美子 (2019). 大学生の愛着スタイルと被接触好悪感の関連性 関西学院大学心理科学研究, 45, 31-35. (査読無)
  • Shirai, R., Banno, H., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images induce oculomotor capture and inhibition. Attention, Perception, & Psychophysics, 81(2), 420–432. (査読有)
  • Shirai, R., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images gain preferential access to early visual processes. Consciousness and Cognition, 67, 56–68. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food aversion learning based on voluntary running in non-deprived rats: A technique for establishing aversive conditioning with minimized discomfort. Experimental Animals, 68, 71-79. (査読有)
  • Nakajima, S. (2019). Food avoidance learning based on voluntary wheel running in laboratory mice (Mus musculus). Behavioural Processes, 159, 31-36. (査読有)

書籍一覧

  • 片山順一 (編) (2019). 神経・生理心理学 シリーズ心理学と仕事2 北大路書房
  • 日本行動分析学会 (編) (2019). 行動分析学事典 丸善出版. (分担執筆による中島定彦の単独担当部分が「負の強化(除去型強化)」「反応非依存強化 強化による行動低減」「反応率分化強化 分化結果手続き」「消去」「消去後の反応再出現」「刺激馴化」「見本合わせ:基礎」「刺激等価性:基礎 」「コロンバン・シミュレーション計画」「強化介入による行動低減」)
  • 鈴木公啓・荒川歩・太幡直也・友野隆成 (2018). パーソナリティ心理学入門―ストーリーとトピックで学ぶ心の個性― 京都:ナカニシヤ出版(分担執筆による箕浦有希久の単独担当部分が「ワーク:心理尺度の体験 2項目自尊感情尺度(Two Item Self-Esteem scale; TISE).」)
  • 佐藤基治・大上渉・一言英文・縄田健悟・箕浦有希久(2019). 心理学AtoB改訂版 培風館(分担執筆による箕浦有希久の単独担当部分が「8.パーソナリティ」)

学会発表一覧

  • Oguni, R.,  Kobayashi, M,, & Otake, K. (2019). Effect of imagination on prosociality: The role of anticipated positive emotion. 13th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology.
  • Kobayashi, M., & Otake, K. (2019). Implicit and explicit attitudes toward passive smoking in subtypes of non-smokers. 13th Biennial Conference of the Asian Association of Social Psychology.
  • 中島定彦 (2018). ラットは腹具合が悪いと土を喰うか―乳糖不耐症の場合― 日本基礎心理学会第32回大会.
  • 道野栞・佐藤暢哉 (2018). 物体位置に関する視覚・言語情報の呈示が空間的視点取得に及ぼす影響 日本基礎心理学会第37回大会.
  • 長谷川依保・中島定彦(2019). その動物はなぜ恐い―大学生を対象とする質問紙調査― ヒトと動物の関係学会第25回学術大会.
  • Katayama, N., Sanada, M., & Katayama, J. (2019). Enhanced empathic state caused by reading fiction promotes detection of and attention to task-irrelevant facial expressions. The 26th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society.
  • Fuseda, K. & Katayama, J. (2019). A new technique for evaluating interesting dynamic stimuli using eye-fixation related brain potential. The 26th Annual Meeting of Cognitive Neuroscience Society.
  • Katsurada, E., & Yoshioka, E. (2019). Psychological effects of coming out on homosexual or bisexual individuals in Japan: quantitative and qualitative results. 2019 SRCD Biennial Meeting.

その他一覧

  • 廣瀬真理子 (2019).「地域で支える家族中心のポジティブ行動支援(Family-Centered PBS)-青年期発達障害者家族のための行動支援プログラムの開発ー」日本ポジティブ行動支援ネットワーク研修会in大阪 -地域・学校・家庭で生かすポジティブ行動支援- 大阪教育大学, 大阪
  • 廣瀬真理子 (2019). 「A Qualitative Research Workshop – A Introducion to the fundamentals of wualitative research, with participatory exercises, and applications in Asian countries」 ミシガン大学Mixed Methods Program, 大阪
  • 米山直樹・廣瀬眞理子・金喬・岩城夢由菜 (2019). 神戸市青年期発達障害支援事業家族支援プログラム (前期)
  • 米山直樹・廣瀬眞理子 (2019). 神戸市青年期発達障害支援者支援研修プログラム事業 相談員研修会①
  • 道野栞 (2019). 多視点観察時における空間表象の統合 第42回関西若手実験心理学研究会.
  • 米山直樹・廣瀬眞理子・岩城夢由菜(2019). 平成30年度神戸市青年期発達障害支援事業支援者支援研修プログラム事業 相談員研修会②
  • 廣瀬眞理子 (2019). 平成30年度神戸市青年期発達障害支援事業支援者支援研修プログラム事業 巡回訪問支援(4窓口)
  • 大竹恵子 (2019). フォーラム 「学習と食と感情と」 日本基礎心理学会2018年度第2回フォーラム(西宮市大学交流センター ).
  • 中島定彦 (2019). ネズミの悪心を土喰いで測る 日本基礎心理学会2018年度第2回フォーラム(西宮市大学交流センター)講演

カテゴリー

アーカイブ